Alternax® MPS治験モニタリングシステム

治験期間の短縮と管理コストを削減

モニタリング作業中の進捗状況やスケジュールを正確なプロトコールに基づいた上で一元管理することにより進捗状況をいち早く正確に把握することが可能になります。全てのデータが集約された常態で進捗状況とスケジュールの確認が行えることによりモニター管理者の管理が容易になります。また、逸脱や中止データの早期発見へと繋がり今後の作業計画について迅速な対応と対策ができることで治験プロセスの短縮化を支援します。

散在しがちな進捗状況やスケジュールを一元管理

従来のモニタリング作業では、進捗状況やスケジュールが各モニターの手元で管理されており現在の進捗状況と今後の展開を正確に把握することが困難でした。Alternax® MPSでは、DA・CRF(症例報告書)回収・SDV(原資料との照合・検証)実施・CRF固定などの重要イベントをオンスケジュールで遂行するカレンダー機能とアラート機能を装備しているので、重要イベントの実施忘れや記入洩れを防ぐことも可能です。また、モニタリング作業中の情報をMPSによって吸い上げることで、散在しがちな情報を集約することが可能になります。




機能紹介

プロトコール設定

プロトコールに沿ったプロジェクトを作成することができます。ビジットの定義・担当者(モニター)・ゲストの割り当てなど、プロジェクト毎にグループを作ることができます。

ScreenShot 1ScreenShot 2

症例管理

モニタリング作業中の情報は、簡単に入力できるシンプルな画面によりDA報告から逸脱管理まで一気通関での管理が可能になります。システムが報告書形式のデータを自動的に振り分けて、アラート計算や進捗表の更新を行うので報告業務の効率化を実現します。

ScreenShot 1ScreenShot 2

進捗管理

施設・担当者ごとで進捗情報を一括表示することが出来るので、進捗状況を容易に把握できるようになります。モニタリング作業の視える化を支援します。

ScreenShot 1ScreenShot 2

※画面サンプルは開発中のもので実際と異なる場合があります。

BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ