報道関係各位

2018年11月21日

株式会社オレガ

仮想化技術搭載の小型ファイルサーバー「VVAULT BOX」を発売
ー さまざまな拠点の重要データ損失防止を仮想化技術のバックアップ機能等で実現 ー

株式会社ソリトンシステムズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:鎌田信夫、以下ソリトン)と、ソリトングループの株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、オレガが開発するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)と、ファイルサーバーログ管理ソフトウェア「VVAULT AUDIT」(呼称:ブイボルトオーディット)を統合した、小型ファイルサーバー「VVAULT BOX」を2018年12月3日より発売いたします。

「VVAULT BOX」は、「VVAULT」のストレージ仮想化技術と「VVAULT AUDIT」のセキュリティ機能を組み合せたストレージ・アプライアンス製品で、ハードウェアに株式会社バッファロー(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:牧寛之、以下バッファロー)が提供するWindows Storage Server 2016 Standard Edition搭載NASを採用することにより、高度なストレージ管理機能を持つデスクサイド設置型の小型ファイルサーバーを実現いたしました。「VVAULT BOX」は、ユーザー数が100名程度までの中小企業や大企業の地方拠点など、主にシステム管理者が不足しがちなIT環境において、購入してすぐ使える安心安全なファイルサーバーを提供します。「VVAULT BOX」の主な特徴は以下の通りです。

  • ● デスクサイドに設置可能な小型筐体とCDPバックアップ専用外付HDD
  • ● ハードウェアRAIDとシステム領域のSSD化による高速動作
  • ● ストレージ仮想化技術によるオンラインでの柔軟な容量拡張機能
  • ● リアルタイムのCDP(Continuous Data Protection:継続的データ保護)バックアップ機能
  • ● ファイルアクセスログ管理とルールに基づくアクセス監視機能
  • ● ランサムウェア感染端末からの攻撃検知とアクセスブロック機能
  • ● ハードウェアとソフトウェアをオレガで一括サポート

先行販売モデルの「VVAULT BOX 3TB」は、ストレージ容量3TB(RAID5構成時)、CDPバックアップ専用外付HDD3TB(RAID1構成時)、「VVAULT Professional」と「VVAULT AUDIT Enterprise」の5年ライセンス、及びハードウェアの先出しセンドバック5年保守が付属して定価248万円(税別)を予定しており、IT関連商品の最大級ディストリビューターであるダイワボウ情報システム株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:野上義博)の協力のもと、2018年12月3日より販売開始いたします。

なお、今回の製品発表にあたり、パートナー各社より以下の推薦文を頂戴しています。(50音順)

ダイワボウ情報システム株式会社 取締役 販売推進本部長 小峰伴之様 ダイワボウ情報システム株式会社は、株式会社ソリトンシステムズ様と株式会社オレガ様の「VVAULT BOX」の販売開始を心より歓迎いたします。ビッグデータ時代の到来によりデータの大容量化が進む中、導入してすぐに利用可能な運用の容易さ、柔軟な容量の拡張性とリアルタイムなバックアップ機能は、システム管理者の負担軽減を実現する新たなソリューションとして、国内市場が待ち望んでいた商品です。セキュリティも担保しつつ充実したサポートを兼ね備えている同製品は、お客様に安心を届けられるものと確信しております。当社の強みであります日本全国を網羅する19,000社のパートナー網を活用して販売活動を支援してまいります。

株式会社バッファロー 常務取締役 田中辰吾様 「VVAULT BOX」のハードウェアとして、当社製Windows Storage Server 2016 Standard Edition搭載NAS「テラステーションWSS HRシリーズ」を採用頂けましたこと大変光栄に思います。RAID 6に対応する高性能なハードウェアRAIDを持つ本シリーズは、ストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」の多彩な機能を快適かつ安価にご提供できる製品として自信を持ってお勧めします。ストレージ仮想化統合やクラウドストレージ接続など「テラステーション」の可能性を拡げる「VVAULT BOX」が、日本中のあらゆるビジネスシーンでご活用頂けることを期待しております。

図 1 「VVAULT BOX 3TB」筐体(左)とバックアップ用外付HDD(右)

図 1 「VVAULT BOX 3TB」筐体(左)とバックアップ用外付HDD(右)





[VVAULT について] 「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に50,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザー数も7,000を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

[VVAULT AUDIT について] 「VVAULT AUDIT」は、Windows上で共有フォルダのアクセス記録を管理するファイルサーバーログ管理ソフトウェアです。「VVAULT」の仮想ドライブとも連携可能なため、LinuxベースのNASを統合した仮想ドライブに「VVAULT AUDIT」を適用するなど、様々な種類のストレージに対するログ管理を集約することが可能です。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

[株式会社ソリトンシステムズについて] 1979 年の設立以来、ソリトンシステムズは IT・エレクトロニクス業界にあって、常に新しい技術トレンドを見据え、いくつもの「日本で初めて」を実現してきました。近年は、認証を中心としたITセキュリティからサイバー対策製品まで、また、携帯電話回線や Wi-Fi を利用した ハイビジョン・レベルの映像伝送システムなどに取り組んでおります。国産メーカーとして、オリジナルの「もの創り」、「独創」にこだわった製品とサービスを提供しております。
設立:1979年、売上180億円/2018年度(予想)、東証1部
https://www.soliton.co.jp/

[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために2000年3月に設立され、現在は国産セキュリティ製品のリーディングカンパニーである株式会社ソリトンシステムズのグループ企業となっています。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTシリーズを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel. 03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/



VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ