報道関係各位

2015年7月8日

株式会社オレガ

オレガ サーバーログ管理ソフト「VVAULT AUDIT」を発表
ー マイナンバー制度に対応し、年額5万円の圧倒的低価格を実現 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、Windows上で共有フォルダのアクセス記録を管理するファイルサーバーログ管理ソフトウェア「VVAULT AUDIT」(呼称:ブイボルトオーディット)を開発し、本日より製品Webサイト(http://vvault.jp/)でダウンロード提供を開始いたしました。

2016年1月より利用開始予定のマイナンバー制度(社会保障と税の番号制度)では、企業が年金事務所や健康保険組合などへ提出する社会保険関連書類及び税務署や市区町村へ提出する税務関連書類に対して、パート・アルバイトを含む従業員、取引先、株主などのマイナンバーを記載することが必要となります。また同時に、このマイナンバーを運用する事業者に対して、各個人のマイナンバー及び特定個人情報(マイナンバーに紐付けられた氏名や従業員番号などの個人情報)を安全に管理することが義務付けられます。

2001年に個人情報保護法が制定されてから、国内企業においても徐々にセキュリティ対策が強化されてきていますが、このマイナンバー制度の施行に伴う特定個人情報の漏洩に関しては、個人情報保護法に比べて著しく重い刑罰が設定されています。例えば、「正当な理由なく、業務で取り扱う個人の秘密が記録された特定個人情報ファイルを提供した場合」には、最も重い刑罰として「4年以下の懲役及び200万円以下の罰金(併科)」が科されることとなり、情報漏洩が事業の継続性そのものに多大な影響を及ぼすことが懸念されています。また、これらの刑事責任を免れたとしても、安全管理義務を怠った結果としての情報漏洩が発覚した場合には、被害者から民事上の責任を問われる可能性が高いため、企業は犯罪行為の事実をいち早く発見し、重要情報が漏洩していないことや自らが安全管理に努めていたという「無過失の証明」を、捜査機関や監督機関である特定個人情報保護委員会に対して行うことが求められています。

そこでオレガでは、これら特定個人情報の保存先として多くの利用が想定される企業のファイルサーバーに対して、正しいアクセス権で運用管理されているか、特定個人情報が記載されたファイルが確実に削除されているか、また不正に持ち込まれた機器によるアクセスが無いかなどのアクセス履歴を長期保存し、必要に応じてユーザー操作のトレースや不正アクセスの監視を実現するファイルサーバーログ管理ソフトウェア「VVAULT AUDIT」を開発いたしました。

<VVAULT AUDIT の主な特長>

  • Windows監査ログを活用してファイルアクセス履歴を記録
  • 専用ログサーバーも商用データベースも不要
  • ログ情報を圧縮して検索と長期保存に対応
  • NTFSドライブ/VVAULT仮想ドライブに両対応
  • 業界最安値圏の圧倒的低価格を実現
2015年5月時点 当社調査による


「VVAULT AUDIT」は、通常のWindows共有フォルダに加えてストレージ仮想化ソフト「VVAULT」の仮想ドライブに対してもログ管理が可能で、「VVAULT」のユーザーサポートサイトやライセンス認証システムを流用することにより、従来製品に比べて大幅なコストダウンを達成いたしました。ログ管理期間が2週間までに制限される「VVAULT AUDIT Basic」は永続的に無料でご利用いただけるほか、ログ管理期間を無制限にし、さらに長期保存用のデータアーカイブ機能とソフトウェアサポートを付属させた上位バージョンの「VVAULT AUDIT Professional」を年額5万円(税別)でご提供いたします。また、NASやクラウドサービスへの組込用に、オープン価格の「VVAULT AUDIT Professional OEM」もご用意いたしました。

オレガでは、今後MACアドレスを利用したクライアント端末の厳密な判別機能、アクセス権違反などのアクティブなセキュリティ検知機能、時系列データとの比較による異常判定機能などについて開発を進めるとともに、ハードウェアベンダーやクラウドベンダーとも提携関係を構築し、2015年度中に1,000ライセンスの提供を計画しています。

なお、今回の製品発表にあたり、パートナー各社より以下の推薦文を頂戴しています。(50音順)

株式会社エーティーワークス 営業本部 本部長 高瀬由照様 株式会社エーティーワークスは、株式会社オレガ「VVAULT AUDIT」のリリースを心より歓迎いたします。「VVAULT AUDIT」は、エージェントレス型で、ファイルアクセスログを記録、監視するソフトウェアです。そのため弊社でも自社製品にプリインストールすることにより、簡単にアプライアンス提供することが可能となりました。しかも、2016年1月より利用開始予定のマイナンバー制度の施行に伴う特定個人情報セキュリティ対策を実現でき、仮想ファイルストレージ「VVAULT」との組み合わせて幅広いユーザー層へのソリューション提案が可能になると期待しております。

スターティア株式会社 ネットワークソリューション事業部 事業部長 平澤有一様 スターティア株式会社は、株式会社オレガ「VVAULT AUDIT」のリリースを心より歓迎いたします。「VVAULT AUDIT」は、エージェントレス型で、ファイルアクセスログを記録、監視するソフトウェアです。弊社にて2015年度より販売を開始した中小企業向けファイルサーバー「Store-Box」に本ソフトウェアをバンドルすることにより、マイナンバー制度の施行に伴う特定個人情報へのセキュリティ対策強化を実現いたします。また弊社が提供するセキュリティ商材との組み合わせにより、幅広いユーザー層へITインフラのワンストップソリューションが可能になると期待しております。今後も弊社は、新規顧客獲得において株式会社オレガ様との連携を強化し、お客様に満足いただける付加価値サービスをお届けすべく、一層注力してまいります。

ニフティ株式会社 クラウド事業部 事業部長 上野貴也様 ニフティ株式会社は、この度株式会社オレガ様から、「VVAULT AUDIT」が発表されたことを大変嬉しく思います。株式会社オレガ様には、高機能なソフトウェアNASであるVVAULTを、ニフティクラウド向けに提供いただいておりますが、今回「VVAULT AUDIT」が追加されることにより、新たにアクセス監査記録が提供されることとなりました。これにより、データ・セキュリティに対する不安を軽減し、お客様におけるクラウド活用のさらなる活性化をもたらすものと確信をしております。ニフティ株式会社は、今後も株式会社オレガと連携してクラウドの価値向上に努め、お客様のビジネスに貢献するインフラサービスとして一層努力してまいります。

レノボ・ジャパン株式会社 エンタープライズビジネスグループ エグゼクティブディレクター 小林泰子様 レノボ・ジャパン株式会社は、オレガ株式会社のサーバーログ管理ソフト「VVAULT AUDIT」の発表を歓迎いたします。「VVAULT AUDIT」と、本年4月21日にリリースした株式会社オレガとレノボのクラウドバックアップ対応ファイルサーバー「Lenovo System x NAS powered by VVAULT」を組み合わせることで、ファイルサーバー統合に加え、セキュリティ対策が行えます。これは、マイナンバー制度への対応という観点でも、有益なソリューションになると確信しております。今後も、株式会社オレガとの協業を促進し、様々なITインフラにおける課題を解決するパートナーとして、お客様の事業の成長に貢献してまいります。

ロジテックINAソリューションズ株式会社 ビジネスソリューション部 部長 山田真也様 ロジテックINAソリューションズ株式会社は、株式会社オレガより「VVAULT AUDIT」が発売されることを心より歓迎いたします。弊社が10年以上に渡り開発・販売してきましたWindows Storage Server OS搭載NAS「WINAS」と組み合わせることによって、よりセキュアなファイルサーバーが低価格で構築でき、幅広い企業の情報漏洩対策が推進されると期待しております。今後もロジテックINAソリューションズは、株式会社オレガ様と共に、お客様のビジネスに最適なソリューションを提供して参ります。





[VVAULT AUDIT について] 「VVAULT AUDIT」は、Windows上で共有フォルダのアクセス記録を管理するファイルサーバーログ管理ソフトウェアです。「VVAULT」の仮想ドライブとも連携可能なため、LinuxベースのNASを統合した仮想ドライブに「VVAULT AUDIT」を適用するなど、様々な種類のストレージに対するログ管理を集約することが可能です。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

図 1 「VVAULT AUDIT」のダッシュボード画面

図 1 「VVAULT AUDIT」のダッシュボード画面



表 1 VVAULT AUDIT 対応OS

OS分類 対応
Windows Server 2008 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Storage Server 2008 R2
Windows Storage Server 2012
Windows Storage Server 2012 R2


表 2  VVAULT AUDIT License 1.0

ライセンス Basic Professional OEM Professional
価格 月額(税抜) 無料 オープン
年額(税抜) 50,000円
基本情報 データベース保存期間 2週間 無制限 無制限
アーカイブ保存 -
キーワード検索
レポートメール
CSV出力
カスタマーズ・スクエア フォーラム
ナレッジベース・ベーシック
ナレッジベース -
製品アーカイブ -
テクニカルサポート - OEM
OEM製品のサポートはOEMパートナーから提供




[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel. 03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/



VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ