報道関係各位

2015年5月18日

株式会社オレガ

オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 7.7」を発表
ー 各種スケジューリング機能に対応し、2015年7月からのライセンス改定を予告 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)の機能を強化した「VVAULT 7.7」を開発し、本日より製品Webサイト(http://vvault.jp/)でダウンロード提供を開始いたしました。また、合わせて2015年7月からのVVAULTライセンス体系の改定についても事前通知いたしました。

最新版「VVAULT 7.7」では、仮想ドライブを構成するストレージを階層管理する「ティアリング機能」、マスタ仮想ドライブをリアルタイムにバックアップする「ライブバックアップ機能」、マスタ仮想ドライブを別のVVAULTサーバーへレプリカする「レプリケーション機能」、外部のファイルサーバーから仮想ドライブへバックグラウンドでデータ移行させる「Vマイグレーション機能」の4つの既存機能について、それぞれ一週間の曜日(月曜日から日曜日)ごとに開始時刻と終了時刻を設定するスケジューリング機能を開発いたしました。これによりCPUやメモリ、ストレージなど、VVAULTサーバーのリソースを状況や時間帯によって使い分けたり、サーバーの負荷が高い業務時間帯を回避してデータ移行を実施したりすることが可能となりました。

また、2015年7月から実施するVVAULTライセンス体系の改定では、以下の変更を行います。

  • ①「VVAULT Professional」のライセンス価格を税抜年額50,000円から100,000円へ変更
  • ②「VVAULT Professional」のタイムマシーン保存期間を8日から31日へ変更
  • ③「Windows Server 2003 R2」及び「Windows Storage Server 2003 R2」のOSサポート終了
  • ④「VVAUTL Professional OEM」のライセンス表記を製品Webサイトから削除

変更点①及び②については、昨年7月に「VVAULT Professional」を年額120,000円から年額50,000円に価格改定すると同時に、タイムマシーン保存期間を31日から8日に変更しておりましたが、お客様やパートナー様から「価格を元に戻しても良いのでタイムマシーンを31日間使いたい」との声が多く寄せられたため、再度改定するものです。変更点③については、日本マイクロソフト社による正式OSサポートが2015年7月15日を以って終了することに伴うもので、Windows Server 2003 R2系OSのサポートは「VVAULT 7.7」が最終バージョンとなる見込みです。変更点④については、OEMライセンスは当初ハードウェアメーカーのNAS組込向けに設定したライセンスでしたが、最近では従来と異なるライセンス条件のOEM契約をクラウドベンダーや販売店と締結することが増えてきたため、それぞれのOEMライセンスの誤認や混同を防止するために、製品サイト表記を削除するものです。

なお、ライセンス価格の改定については2015年7月1日出荷分から反映されるため、現行価格での複数年利用を希望される場合には、2015年6月末日までに該当する複数年ライセンスをご購入下さい。また、②③④のライセンス条件変更については、2015年6月末リリースの次期VVAULTから適用される予定です。





[VVAULTについて] 「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に50,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザー数も6,500を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULT 7.7の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存サーバーやNASからのデータ移行やサーバー統合を自動化するVマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • VVAULTサーバー間でネット越しのバックアップ/リカバリを実現するレプリケーション機能
  • レプリケーション先のスタンバイサーバーを即時にメインサーバーに切替えるHA機能
  • ストレージのデータ変更を全て蓄積し、任意の時点に即時復元可能なタイムマシーン機能
  • クラウドストレージの接続パフォーマンスを向上させるクラウドストア機能
  • クラウドストレージとしてAmazon S3、Cloudn Object Storage、ニフティクラウドストレージ、IDCフロンティア オブジェクトストレージ、ソフトバンクテレコム 分散ストレージ、GMOクラウド ALTUS オブジェクトストレージに対応
図 1 「VVAULT 7.7」の操作画面

図 1 「VVAULT 7.7」の操作画面



表 1 VVAULT License 7.x(次期ライセンス体系)

ライセンス Basic Business Personal Personal
Plus
Professional Enterprise
価格 月額(税抜) 無料 無料 無料 500円 - -
年額(税抜) 6,000円 100,000円 200,000円
基本情報 PC OS -
サーバーOS - -
最大インスタンス数 1 1 1 2 1 2
ライセンス移転 -
仮想ドライブ ストレージ階層管理
クイックマイグレーション -
Vマイグレーション -
マルチマイグレーション - - - -
移行診断 - - -
ドライブモード変更 - - - ◯(※1)
フォルダクォータ - - - -
クラウドストレージ接続 - - 100GB 無制限 1TB 無制限
接続可能ストレージ数 2台/2TB 2台/2TB 無制限 無制限 無制限 無制限
バックアップ ライブバックアップ
ライブリカバリ
ストレージリカバリ
システムリカバリ
クラウドストレージ接続 - - 無制限 無制限 無制限 無制限
接続可能ストレージ数 2台/2TB 2台/2TB 無制限 無制限 無制限 無制限
タイムマシーン保存期間 - 2日まで 2日まで 31日まで 31日まで 無制限
レプリケーション メインサーバー
スタンバイサーバー - - -
HA(High Availability) - - - -
クラウドストレージ接続 - - - 無制限 無制限 無制限
接続可能ストレージ数 - - - 無制限 無制限 無制限
タイムマシーン保存期間 - - - 31日まで 31日まで 無制限
カスタマーズ・スクエア フォーラム
ナレッジベース Basic
ナレッジベース - - -
製品アーカイブ - - -
テクニカルサポート - - -
エクスプレスサポート - - - - - 2件
エクスプレスパス - - - - -
※1:モード変更時にはデータの初期化が必要


表 2 VVAULT License 7.x(対応OS)

OS分類 32bit 64bit OS分類
Windows Vista PC
Windows 7 PC
Windows 8 PC
Windows 8.1 PC
Windows Home Server 2011 - PC
Windows Server 2008 サーバー
Windows Server 2008 R2 - サーバー
Windows Server 2012 - サーバー
Windows Server 2012 R2 - サーバー
Windows Storage Server 2008 サーバー
Windows Storage Server 2008 R2 - サーバー
Windows Storage Server 2012 - サーバー
Windows Storage Server 2012 R2 - サーバー




[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel. 03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/



VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ