報道関係各位

2015年1月23日

株式会社オレガ

オレガ 「VVAULTマネージド・サービス」を開始
ー データ移行からクラウド運用までカバーする安価な運用管理サービスを実現 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)のサーバー運用管理を代行する、「VVAULTマネージド・サービス」を本日より提供開始いたしました。

「VVAULTマネージド・サービス」は、お客様が使用しているVVAULTサーバーに対して、オレガがリモート接続で運用管理を代行するVVAULT専用のマネージド・サービスです。これまでのオンプレミス型ファイルサーバーでは、お客様の社内にサーバー管理者が設定されていることが殆どでしたが、社内に適切なIT知識を持った管理者が居ない場合や、関連する機器類の一括サポートを希望する場合には、サーバーの設置・導入を行ったSI企業が運用管理を行うことが多く見受けられました。

これに対して、Amazon Web Services(AWS)に代表されるセルフサービス型のクラウドにファイルサーバーを構築する場合は、MSP(Management Services Provider)と呼ばれる運用管理の専門業者に依頼するケースが増えてきています。しかしながら、MSPでは24時間365日の運用管理や多数のサーバーを一括管理することがサービスの前提となっているため、例えば「少数のサーバーを平日昼間のみ安価に委託したい」というニーズに対しては、適切に対応出来ていない面がありました。そこでオレガでは、自社製品であるVVAULTサーバーに特化し、またサービス時間を平日昼間に限定することで、これらのお客様ニーズに対応する安価な運用管理サービス「VVAULTマネージド・サービス」を提供いたします。

「VVAULTマネージド・サービス」はVVAULTの販売パートナー各社を通じて提供され、料金体系は初期設定費用5万円、月額費用5万円程度となることを想定しております。また、「VVAULTマネージド・サービス」のオプションとして、近日中にVマイグレーション機能を利用したデータ移行代行サービスについても提供開始予定で、今後はVVAULTの管理ツールとの統合や24時間365日運用についても対応を進めてまいります。さらに詳細な情報は、特設Webサイトhttp://vvault.jp/msp/でご覧下さい。


表 1 VVAULT マネージド・サービスの概要

サービス 内容
常時監視サービス
(24時間365日)
  • VVAULTサーバーの死活状態監視
  • VVAULT関連サービスおよびプロセス監視
  • VVAULT構成ストレージの状態監視(クラウドストレージを除く)
  • メモリ/プロセッサ/ストレージ/ネットワークの状態監視
お客様サポート
(当社営業日9:00-18:00)
  • ヘルプデスク
  • VVAULTサーバーの運用管理
  • 監視・運用データの解析
  • 障害対応作業の実施



[VVAULTについて] 「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に40,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザー数も6,000を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULT 7.4の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存サーバーやNASからのデータ移行やサーバー統合を自動化するVマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • VVAULTサーバー間でネット越しのバックアップ/リカバリを実現するレプリケーション機能
  • レプリケーション先のスタンバイサーバーを即時にメインサーバーに切替えるHA機能
  • ストレージのデータ変更を全て蓄積し、任意の時点に即時復元可能なタイムマシーン機能
  • クラウドストレージの接続パフォーマンスを向上させるクラウドストア機能
  • クラウドストレージとしてAmazon S3、Cloudn Object Storage、ニフティクラウドストレージ、IDCフロンティア オブジェクトストレージ、ソフトバンクテレコム 分散ストレージに対応
図 1 「VVAULT 7.2」の操作画面

図 1 「VVAULT 7.4」の操作画面




[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/



VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ