報道関係各位

2013年12月16日

株式会社オレガ

オレガとtdiがストレージ仮想化で提携
ー 中堅・中小企業向け高機能ストレージシステムをVVAULTで構築 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下、オレガ)は、オレガのストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)のSIパートナーとして、情報技術開発株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好一郎、以下、tdi)及びtdiグループ企業各社とパートナー契約を締結したことを発表いたします。今後、tdiが構築する中堅・中小企業(以下、SMB)向けの高機能ストレージシステムにオレガの「VVAULT」を採用し、両社で協力して市場展開して参ります。

近年、企業内のデータ量が急増していることに伴い、ストレージ仮想化技術に注目が集まっています。また、このストレージ容量の増大に合わせてデータのバックアップニーズも拡大しており、従来のテープ・ドライブによるバックアップから、低コスト且つ高パフォーマンスなディスクバックアップへの移行が進んでいます。しかしながら、アイティメディア株式会社が2013年7月に発表した内容*1によると、企業は現状のデータ保護・管理対策について、「バックアップ/リストアのパフォーマンス」、「データ増対応などシステムの拡張性」、「BCP/DRへの対応」、「費用対効果」などについて不満があると回答しているほか、今後導入する予定の機能として「ストレージ仮想化」を第一候補に挙げており、これらの要望を満たす安価で高機能なストレージシステムが求められています。

一方、オレガの「VVAULT」は、Windowsで認識できる全てのストレージを仮想統合して、実質的に無限の容量を備えた仮想ドライブを容易に構築できるストレージ仮想化ソフトウェアです。「VVAULT」は、仮想ドライブを稼働させた状態でデータバックアップ、データリストア、レプリケーション/HAなどを実現する独自のバックアップ/リカバリ技術「VVAULTライブ・テクノロジー」を搭載しており、SMBが要求するデータの急増対策や高度なバックアップ/リカバリ機能に柔軟に対応する製品です。

そこで両社では、これまでtdiが多くの販売実績を持つWindowsサーバーにオレガの「VVAULT」を組み合わせることにより、スモールスタートが可能で容易にストレージ容量を拡張できるSMB市場向けの高機能ストレージシステムとして、共同で市場展開していくことといたしました。両社は今後も双方の技術協力を行い、大規模システムへの対応やSMB向けのクラウドバックアップサービスなどについて順次開発を進めるとともに、SMB市場におけるサーバー・ストレージ環境の運用性、生産性を向上させるべく協力して参ります。

今回の提携にあたり、tdi及びオレガの両社は以下のコメントを寄せています。

情報技術開発株式会社
iDC&セキュリティ推進室 室長 田中 国武
tdiは顧客ニーズを捉えたソリューションを提供しております。今回オレガ社製品であるVVAULTについてパートナー契約を締結させていただくことで、tdiグループ各社の持つ運用技術やデータセンターインフラを活用した、24時間365日の運用サポートや、データセンターインフラを利用し、DR(ディザスターリカバリー)と呼ばれる災害復旧対策、BCP(Business Continuity Plan)策定の手段としての活用を提案していきます。tdiグループ全体の注力サービスとして更なる展開を進めていく所存です。

株式会社オレガ
代表取締役社長 三好 修
オレガはWindowsサーバーソリューションで数多くの実績を持つtdiグループとのSIパートナー契約を歓迎いたします。「VVAULT」が持つ豊富なストレージ管理機能とtdiグループのシステム構築力を組み合わせることにより、ストレージ市場のローエンドからミッドレンジまで幅広くカバー可能な高機能ストレージシステムの実現に期待しています。



[VVAULTについて] 「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に38,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザー数も5,500を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULT 6.0の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存のファイルサーバーやNASから1クリックでデータ移行するクイックマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • VVAULTサーバー間でネット越しのバックアップ/リカバリを実現するレプリケーション機能
  • レプリケーション先のスタンバイサーバーを即時にメインサーバーに切替えるHA機能
  • ストレージのデータ変更を全て蓄積し、任意の時点に即時復元可能なタイムマシーン機能
  • クラウドストレージの接続パフォーマンスを向上させるクラウドストア機能
図 1 「VVAULT 6.0」の操作画面

図 1 「VVAULT 6.0」の操作画面





[情報技術開発株式会社について]
情報技術開発株式会社は、1968年の創業以来、独立系のシステムインテグレータとして、数多くのお客様企業にシステム開発・保守、システム運用・管理、組み込みソフトウェア開発、半導体の評価・解析等の多彩なサービスをご提供してまいりました。また、昨今のITニーズの急速な変革に対応するため、様々なソリューションサービスやデータセンターサービスのご提供により、お客様企業の経営課題解決に向けたご支援を展開しております。更にTDIシステムサービス株式会社(tdiグループ企業)にて顧客ニーズに合わせた24時間365日の運用サポートの実施やtdiグループ傘下のカゴヤ・ジャパン株式会社が所有するデータセンターを有効に利用する事によりグループシナジーを高めていきます。

[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
情報技術開発株式会社 iDC&セキュリティ事業推進室
Tel.03-3372-9823 / Fax. 03-3372-1899
e-mail:solsales@ml.tdi.co.jp
URL:http://www.tdi.co.jp/

株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/



*1 TechTargetジャパン会員調査リポート ストレージの利用状況に関する読者調査(2013年7月)

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ