報道関係各位

2013年4月17日

株式会社オレガ

オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 4.5」を発表
ー 動作速度を3.5倍に改善、無償ライセンスも機能拡充 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好修、以下オレガ)は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)の動作速度を大幅に改善すると同時に、個人向け無償ライセンスの機能を拡充した「VVAULT 4.5」を開発し、本日より製品Webサイト(http://vvault.jp/)でダウンロード提供を開始いたしました。

「VVAULT」では、仮想ドライブのメタデータ管理にリレーショナル・データベース(以下、RDB)を利用しているため、小容量ファイル(数KB程度)に対する連続アクセス時にRDB処理がオーバーヘッドとなり、仮想ドライブの動作速度が低下する現象が発生していました。そこで最新版「VVAULT 4.5」では、データベースドライバーを高速化してさらに製品構造を最適化することにより、旧バージョン(VVAULT 4.2)に比較して最大3.5倍の動作速度改善を実現いたしました(後述ベンチマークテスト参照)。さらに「VVAULT 4.5」では、大規模企業ユーザーから要望が多かったプロキシーサーバー経由での通信にも対応しています。

また「VVAULT 4.5」から、これまでのライセンス政策を変更し、ご好評いただいている個人ユーザー向け無償ライセンスである「VVAULT Personal」の機能を大幅に拡充いたします。新ライセンス体系「VVAULT License 4.5」では、これまで「VVAULT Personal」で利用が制限されてきた仮想ドライブを冗長化するライブバックアップ機能(バックアップ用接続ストレージ数無制限)を利用可能にするほか、誤ってデータを消去してしまった場合に、仮想ドライブを過去の指定時刻の状態に復元するタイムマシーン機能も付与いたしました。これにより、自宅などでファイルサーバーを運用している個人ユーザーのデータを、より安全・確実に管理することが可能となります。

なお、オレガでは現在、エンタープライズレベルのHigh Availability(HA)構成を可能にする「VVAULT 5.0」、Amazon Simple Storage Service(Amazon S3)及びAmazon S3互換ストレージサービスへの接続に対応する「VVAULT 5.1」の各バージョンを開発中で、次期メジャーバージョンである「VVAULT 5.0」は、2013年5月下旬を目処にリリースを予定しております。



[VVAULT 4.5の速度改善効果について]
「VVAULT 4.5」の速度改善効果を検証するため、前回大規模な速度改善対策を導入した「VVAULT 2.2」(2012年2月1日リリース)、及び「VVAULT 4.5」の直前バージョンである「VVAULT 4.2」とを比較するベンチマークテストを実施いたしました。その結果、小容量ファイル(4KB〜512KB)の読込/書込処理及びキャパシティテストにおいて、「VVAULT 4.5」は「VVAULT 4.2」に対して最大3.5倍程度の性能を有する事が確認されました。なお、このベンチマーク結果については、別途ホワイトペーパーとして製品サイト上で公開する予定です。

<参考>VVAULT 2.2プレスリリース(http://www.orega.co.jp/news/2012/120201.html

表 1 ベンチマークテストの詳細

項目 設定
OS Windows Server 2008 R2
CPU Intel Core i3 2100 (Dual-Core 3.10GHz)
M/B Intel DZ68DB
Memory A-DATA AD3U1333C4G9-2 (DDR3 16GB)
HDD Western Digital Caviar Red WD20EFRX (2TB)
テスト方法 テストマシン上の仮想ドライブに対して、ファイルサイズ毎にRead/Writeを1000個×3回実施し、平均処理時間より速度を算出。






[VVAULTについて]
「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に32,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザー数も5,000を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULT 4.5の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存のファイルサーバーやNASから1クリックでデータ移行するクイックマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • システム障害時にオンラインでデータを完全復旧させるシステムリカバリ機能
  • VVAULTサーバー間でインターネット越しのVLTを実現するクラウドバックアップ機
  • ストレージのデータ変更を全て蓄積し、任意の時点に即時復元可能なタイムマシーン機能
図 1 「VVAULT 4.5」の操作画面

図 1 「VVAULT 4.5」の操作画面



表 2 VVAULT License 4.5(赤枠は主な変更点)

ライセンス Basic Personal Personal
Plus
Professional Professional
OEM
Enterprise
価格 月額(税込) 無料 無料 525円 - - -
年額(税込) - 126,000円 オープン 198,000円
基本情報 PC OS
サーバーOS - -
別マシンへの
ライセンス移転
- -
仮想ドライブ ライブ
マイグレーション
クイック
マイグレーション
- -
ストレージ階層管理
レポートメール
アカウント同期
接続可能ストレージ数 2台/6TB 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
ライブ
バックアップ
ローカルバックアップ
ライブリカバリ
ストレージリカバリ
システムリカバリ
接続可能ストレージ数 2台/6TB 無制限 無制限 無制限 無制限 無制限
タイムマシーン
保存期間
- 2日まで 8日まで 8日まで 8日まで 無制限
クラウド
バックアップ
クラウドバックアップ
クライアント
-
クラウドバックアップ
サーバー
- -
接続可能ストレージ数 - - 無制限 無制限 無制限 無制限
タイムマシーン
保存期間
- - 8日まで 8日まで 8日まで 無制限
カスタマーズ・
スクエア
フォーラム
ナレッジベースBasic
ナレッジベース - -
製品アーカイブ - -
テクニカルサポート - - OEM
エクスプレスサポート - - - - - 2件
エクスプレスパス - - - - - オプション


[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150 / Fax. 03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ