報道関係各位

2012年4月2日

株式会社オレガ

NTT com のクラウドサービスがVVALULTを採用
ー 低コストなBCP/DR対応クラウドサービスを開始 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 修、以下オレガ)は、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 有馬 彰、以下NTT Com)とパートナー契約を締結し、NTT Comが本日よりサービス開始するクラウドバックアップサービス「Bizシンプルディスク バックアップタイプ」に、オレガのストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)が採用されたことを発表いたします。

東日本大震災をきっかけとして、企業が情報システムのBCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)やDR(Disaster Recovery:災害対策)を見直す動きを急速に強めています。従来のBCP/DRソリューションでは、障害発生時にどの時点のデータまでを回復できるかを表わすRPO(Recovery Point Objective:目標復旧地点)や、障害発生後にどれほどの時間で業務を復旧できるかを指すRTO(Recovery Time Objective:目標回復時間)を短くするために、多大なコストを伴う広域クラスター構成を必要としていましたが、企業のコスト削減とBCP/DRソリューションの中堅・中小企業への普及が進むにつれ、低コストなクラウドストレージサービスをデータのバックアップ先として活用することに期待が高まっています。

一方、本日発表したオレガのストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT 3.0」は、遠隔地に設置したVVAULTサーバ間で、インターネット越しにリアルタイムのデータバックアップとリストアを可能にするクラウドバックアップ機能を持っています。そこでNTT Comでは、顧客企業のファイルサーバにVVAULTをインストールし、インターネット回線を通じてNTT Comが展開するクラウドストレージサービス「Bizシンプルディスク」にデータをバックアップする、安価で運用性が高いクラウドバックアップサービス「Bizシンプルディスク バックアップタイプ」を提供していくことといたしました。

なお、今回オレガはクラウドバックアップサービスの提供に特化したライセンスである「VVAULT Cloud Backup Server」を新たに設定し、NTT Comに有償(月額)にて提供します。

両社では今後も双方の技術協力を行い、本サービスの大容量化対応や高可用性機能などについて開発を進めるとともに、クラウドストレージ市場におけるサーバー・ストレージ環境の運用性、生産性を向上させるべく協力して参ります。

表 1  Bizシンプルディスク バックアップタイプ サービス概要

用途 お客様拠点ローカルサーバのデータバックアップ
特徴 ・お客様による機器購入、設置場所の確保、保守運用が不要
・初期費用無料
・月額定額の安価なサービス価格
・大容量データのバックアップに対応
・データ堅牢性99.9999999999%の高信頼性※1
初期費用 無料
月額費用 39,800円(税込)
標準開通日 5営業日
ネットワーク インターネット
通信プロトコル HTTPS
保管容量 500GB※2

※1 堅牢性:保存されたデータが失われない率。本指標は理論値となります。
※2 保存できる容量は500GBからシステム領域(1割程度)を除いた容量となります。

サービス概要図

[VVAULTについて]
「VVAULT」は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェアです。2011年3月の発表以来、既に24,000件を超えるダウンロードを記録しており、製品サポートサイト「カスタマーズ・スクエア」の登録ユーザ数も4,000を超えています。さらに詳しい情報は製品Webサイト(http://vvault.jp/)でご覧いただけます。

<VVAULT3.0の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存のファイルサーバやNASからオンラインでデータ移行するライブマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • システム障害時にオンラインでデータを完全復旧させるシステムリカバリ機能
  • VVAULTサーバ間でインターネット越しのVLTを実現するクラウドバックアップ機能

[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150  Fax.03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。
その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ