報道関係各位

2012年4月2日

株式会社オレガ

オレガ ストレージ仮想化ソフト「VVAULT 3.0」を発表
ー 低コストなBCP/DRソリューションを提供 ー

システム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 修、以下オレガ)は、Windows上で複数のストレージを統合して仮想ドライブを構築するストレージ仮想化ソフトウェア「VVAULT」(呼称:ブイボルト)の機能を大幅に強化した「VVAULT 3.0」を開発し、本日より製品Webサイト(http://vvault.jp/)でダウンロード提供を開始いたしました。

現在、東日本大震災をきっかけとして、企業が情報システムのBCP(Business Continuity Plan:業務継続計画)やDR(Disaster Recovery:災害対策)を見直す動きを急速に強めています。従来のBCP/DRソリューションでは、遠隔地のシステム間で常時リアルタイムに広域ネットワーク経由のデータ同期を行い、障害発生時には早期に回復できるような広域クラスター構成が必要とされていましたが、このようなシステムを実現するには、システム全体を二重化することに加えて、データ同期のために大容量のWAN回線が必要となるため、非常に大きなコストが掛かることが課題となっていました。「VVAULT 3.0」は、これらの課題を解決する低コストなBCP/DRソリューションをご提供いたします。

「VVAULT 3.0」では、仮想ドライブサービスを稼働させた状態でバックアップ、リストア、マイグレーションなどを実現する独自技術「VVAULTライブ・テクノロジー」(以下、VLT)をさらに拡張し、遠隔地に設置したVVAULTサーバ間で、インターネット越しにリアルタイムのデータバックアップとリストアを可能にするクラウドバックアップ機能を開発いたしました。このクラウドバックアップ機能により、企業は各拠点の「VVAULT 3.0」サーバをフレッツなどの安価なインターネット回線で接続するだけで、低コスト且つ容易に災害対応のファイルサーバを構成することが可能となります。

また、「VVAULT 3.0」から適用される新ライセンス体系「VVAULT License 3.0」では、フリーダウンロード版の「VVAULT Basic」にもクラウドバックアップクライアント機能を付加いたしました。これにより、「VVAULT Professional」などのクラウドバックアップサーバ機能を持つ有償ライセンスを1つ購入するだけで、クライアント側に「VVAULT Basic」サーバ、サーバ側に「VVAULT Professional」などを配置した、2サーバ構成のBCP/DR対応システムが構築可能です。

オレガでは今後、大規模システムへの対応やバックアップファイルの世代管理を行うスナップショット機能、スマートフォンやクラウドサービスへの接続対応などについて順次開発を進めるとともに、パートナー各社と協力して2012年度中に50,000ライセンスの提供を計画しています。

なお、本日より、この「VVAULT 3.0」のクラウドバックアップ機能を活用したエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 有馬 彰、以下NTT com)のクラウドバックアップサービス「Bizシンプルディスク バックアップタイプ」を開始しております。こちらの詳細については、別途発表するニュースリリースをご覧下さい。

今回の「VVAULT 3.0」発表にあたり、パートナー各社より以下の推薦文を頂戴しています。(順不同)

株式会社アイ・オー・データ機器
取締役 執行役員 事業戦略部 部長 川田 浩様
アイ・オー・データ機器はオレガ様の最新ソフト「VVAULT 3.0」の発表を歓迎いたします。自然災害やインフラ障害などによるデータ損失を防ぎ事業継続するための対策をVVAULT 3.0 は独自の技術により安価かつ確実に解決できる製品と考えております。当社 NAS にもオレガ様の優れた技術を導入した製品展開を行っておりますが、VVAULT 3.0につきましても継続採用し、アイ・オーの運用性の高いNASとオレガ様のストレージ仮想化技術の相乗効果により、今後もお客様に優れたソリューションを提供していけると確信しております。

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
クラウドサービス部 ホスティング&プラットフォームサービス部門長 関 洋介様
「VVAULT 3.0」にて新たに実装されたクラウドバックアップ機能により、企業におけるBCP対策という新しい市場が拡大していくと考えております。この「VVAULT 3.0」に対して、NTTコミュニケーションズの安価で高信頼な大容量仮想ハードディスク「Bizシンプルディスク」を組み合わせる事により、リーズナブルで効果的なBCP対策を提供できると考えております。

コアマイクロシステムズ株式会社
営業技術部 プロダクトマネージャー 五十嵐 章人様
VVAULTのバックアップ機能が念願のDR対応となり、幅広いユーザー層を対象にした製品に仕上がったと感じております。従来のローカルエリアのデータ統合に、遠距離バックアップによる災害対策も加わることで、ストレージに力を入れている弊社にとっては万全の体制を構築出来るとの期待感が強まりました。今後とも最新の技術と市場ニーズを取り入れたVVAULT製品の成長を期待申し上げております。

両社では今後も双方の技術協力を行い、本サービスの大容量化対応や高可用性機能などについて開発を進めるとともに、クラウドストレージ市場におけるサーバー・ストレージ環境の運用性、生産性を向上させるべく協力して参ります。

<VVAULT3.0の特長>
  • Windows上で接続可能なストレージを全て仮想統合可能
  • 既存のファイルサーバやNASからオンラインでデータ移行するライブマイグレーション機能
  • 仮想ドライブの状態を監視し、差分データを自動でバックアップするライブバックアップ機能
  • ディスク障害や接続障害を検知し、自動的にデータを復元するライブリカバリ機能
  • システム障害時にオンラインでデータを完全復旧させるシステムリカバリ機能
  • VVAULTサーバ間でインターネット越しのVLTを実現するクラウドバックアップ機能

<クラウドバックアップ機能の活用パターン>

  • ローカル⇔別サーバ(LAN接続された別のVVAULTサーバへバックアップ)
    LAN接続された別のVVAULTサーバへバックアップ
  • ローカル⇔別拠点(インターネット接続された別拠点のVVAULTサーバへバックアップ)
    インターネット接続された別拠点のVVAULTサーバへバックアップ
  • ローカル⇔クラウド(インターネット接続されたクラウド上のVVAULTサーバへバックアップ)
    インターネット接続されたクラウド上のVVAULTサーバへバックアップ

VVAULT License 3.0

ライセンス Basic Personal Personal
Plus
Professional Professional
OEM
価格 月額(税込) 無料 無料 525円 - -
年額(税込) - 126,000円 オープン
基本情報 PC OS
サーバOS - -
別マシンへの
ライセンス移転
- -
仮想ドライブ ライブマイグレーション
ストレージ階層管理
レポートメール
アカウント同期
接続可能ストレージ数 2台まで 無制限 無制限 無制限 無制限
ライブ
バックアップ
ローカルバックアップ -
ライブリカバリ -
ストレージリカバリ -
システムリカバリ -
接続可能ストレージ数 2台まで - 無制限 無制限 無制限
クラウド
バックアップ
クラウドバックアップ
クライアント
-
クラウドバックアップサーバ - -
接続可能ストレージ数 - - 無制限 無制限 無制限
カスタマーズ・
スクエア
フォーラム
ナレッジベースBasic
ナレッジベース - -
製品アーカイブ - -
テックサポート - - OEM *

* OEMパートナーからのサポート提供

VVAULT License 3.0(対応OS)

OS分類 PC OS サーバOS
Windows Home Server 2011(64bit) -
Windows 7(32bit/64bit) -
Windows Vista(32bit/64bit) -
Windows XP(32bit) -
Windows Small Business Server 2011(64bit) -
Windows Server 2008 R2(64bit) -
Windows Server 2008(32bit/64bit) -
Windows Server 2003 R2(32bit) -
Windows Storage Server 2008 R2(64bit) -
Windows Storage Server 2008(32bit/64bit) -
Windows Storage Server 2003 R2(32bit) -

[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150  Fax.03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。
その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ