報道関係各位

2006年10月31日

株式会社オレガ

オレガ会長 吹野博志特別講演の御案内
ー OBC主催「奉行フォーラム2006 in TOKYO」にてITと経営イノベーションを語る ー

コラボレーションシステム開発の株式会社オレガ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:三好 修)取締役会長の吹野 博志が、業務ソリューションベンダー大手の株式会社オービックビジネスコンサルタント(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:和田 成史 以下OBC)が主催するソリューション展示会、「奉行フォーラム2006 in TOKYO」(日時:2006年12月5日10:00〜18:00 場所:東京交通会館12F:ダイアモンドホール、カトレアサロン)セミナーにて、「ITと経営イノベーション」と題して特別講演を行います。

吹野は、1994年9月にデルコンピュータ株式会社(現:デル株式会社)に入社以来、コンピュータ業界およびビジネス界における幅広い経験と人脈を活かし、日本におけるデルのビジネス拡大に大きく貢献しました。2004年5月には株式会社吹野コンサルティングを設立し、代表取締役社長に就任。また、株式会社カネボウ化粧品取締役、株式会社ミスミグループ本社取締役、多摩大学客員教授などを兼任し、2006年3月より株式会社オレガ取締役会長に就任しています。

産業を問わずグローバル化とコモディティ化が急速に進むなかで、企業経営にイノベーションが強く求められています。この2つのトレンドを利用し波に呑込まれないためにも、ITの活用が不可欠です。経営を「視える化」して事業プロセスを一気通貫で掌握し、スピードアップを図るためには、旧来のボトムアップ型の改善だけでなく、CEO、CFOら経営者がマクロ的な視点から戦略を策定しリーダシップを発揮し、トップダウンで取り組まなければいけません。

今回の特別講演はこの視点にたって、内外の具体的な事例を紹介しつつ、経営イノベーションでの ITの活用に経営者はどう臨むべきかを語ります。

なお、奉行フォーラムへの入場・セミナー受講はすべて無料ですが、事前登録が必要です。詳細とお申込は専用ホームページ(http://www.obc.co.jp/f2006/tokyo/)をご参照ください。特別講演は200名定員のC会場にて、14:45 - 16:05で予定しております。

この奉行フォーラムにおいては、OBC、アタックスグループと合弁で設立した株式会社アフォード・ビジネス・コンサルティング(http://www.afford.co.jp/) の出展ブースにて、OBC製品と連携する統合フロントエンドシステムの事例として、オレガのワークプレイスソフトウェアAlternax(オルタナックス)が紹介されます。ご多忙中とは存じますが、是非ともご来場いただき、講演および出展ブースにお立ち寄りいただけますようお願い申し上げます。

[株式会社オレガについて]
株式会社オレガは、オブジェクト指向技術に基づく全く新しいメッセージングソリューションを提供するために、2000年3月に設立されました。オレガは、B2Bコラボレーションを強力に推進するデジタルワークプレイス・ソフトウェアであるAlternaxや、放送局向け番組宣伝支援システムの番宣組、ストレージ仮想化ソフトウェアのVVAULTを開発・販売しています。詳細な情報は、Webサイトhttp://www.orega.co.jp/でご覧いただけます。

■本件に関する報道関係お問い合わせ
株式会社オレガ 広報担当 小宮山
Tel.03-3267-0150  Fax.03-3267-0180
e-mail:info@orega.co.jp
URL:http://www.orega.co.jp/

VVAULT、Alternax及び番宣組は株式会社オレガの登録商標です。
その他の企業名、製品名ならびにサービス名はそれぞれの会社の商標もしくは登録商標です。
BACK TO TOP

お問い合わせについて

VVAULTシリーズ製品に関するお問い合わせ、および製品サポートのご依頼につきましては以下をご利用ください。

VVAULTシリーズ製品サイト

上記以外の内容につきましては、以下よりお問い合わせください。

お問い合わせ